瀬戸内の冬あるある?

掲載日:2019年12月17日

そろそろ、クリスマスも近づいてきました。

そのまえに、日本の季節を感じるイベントでいえば、

12月22日の 冬至 がありますね。

すっかりと、日没が早くなっていますが、

冬至を過ぎると、少しずつ日が長くなっていくのでしょうね。


さて、そんな冬真っただ中な竹原地方ですが、

アンジュはいま、

“瀬戸内の冬あるある”

な、状況になっております。


それが、


これ。↓↓↓

「ゆっこさん、ミカンある~???」
と届けてくれた方がいた!と思いきや、


「は~重かった!」
と、カバンの中から出てくる出てくる出てくる・・・・・。

瀬戸内のおばちゃんのカバンには、

アメチャンじゃなくて、ミカンが入っている模様。


「これ!おすそわけ!!」
と、手渡されたビニール袋には、小さなミカン。



おかげさまで、
たくさんのミカンに囲まれて、

いまやアンジュは・・・・


ご自由にお召し上がりください。

待ち合いの卓上にミカンがあります♪

なんという、“瀬戸内あるある”な風景でしょう。


瀬戸内地方で収穫されるミカンのほとんどは、

「温州ミカン」と呼ばれる品種。

この、温州ミカンは、アロマ(精油)でいうと、



マンダリンオレンジやタンジェリンだったりします。

ココロを温めて、ホっと緩めてくれる香りが、

とっても人気のある精油なんですよ。

ついつい、ミカンの皮を剥いたら、

ポイッとしてしまいがちですが、


ミカンの皮こそ、美容の素!

乾燥させれば、陳皮という薬膳の素材になります。

お風呂に浮かべたり、

緑茶に混ぜたりと、いろいろ活用できるんですって。



いろんなミカンあります。

いまのところ、

アンジュの卓上には、

いろんな産地のいろんなサイズのミカンが

そろっておりますので、

ご来店の際には、

温州ミカンのアロマを感じながら、

お好きなのをどうぞお召し上がりくださいね♪


瀬戸内 アロマ お顔剃り専門店 みかんのある店
トータルサロンアンジュ
TEL0846-22-3600

コメントは停止中です。

Page Top