ミツロウを作ってみました。

掲載日:2019年07月09日


先週末、

仁賀ハニーのFUKUBEEさんが

サロンに立ち寄ってくれました。

これは、以前納品に来てくれた時のお写真。

いろいろなハチミツにまつわるお話や、

仁賀のこと、

山や花の小ネタ集を

教えてくれました。


以前から、

何度か仁賀ハニーのスミツで作った

ミツロウをいただくことが

あったのですが、

そのミツロウの話になり・・・。



ミツロウ自体は、

ハチミツを採集したあとの

いわゆる副産物です。


養蜂家さんにとっては、

ある意味不要なもので、

その再活用方法としては、

ミツバチのエサになるそうです。

(自分で蜜を作っておきながら、

それをまた食べるって不思議・・・!)




わたしは、

アロマテラピーをしているうえで、

ミツロウと触れあうようになり、

ミツロウは

“アロマを楽しむための

アイテムのひとつ”

として親しんできました。


たいていは、

販売されているものを購入したり、

FUKUBEEさんのように

お優しい養蜂家さんから精製されたものを

ありがたく頂戴したりするばかりでした。




ネット上で、

ちらっとだけ、ミツロウの精製の仕方の動画を見たことがありました。

大変大掛かりな方法で、手間がかかっており、

「こりゃ私には無理だわ」

と思っていたところに…


巣箱に入った(投げ入れられた?)

スミツが届きました…。


なんという試練。



週末にとどいて、週明け。
母からの再三による

「どうするの」攻撃と

視線と

殺気をくみ取り、

意を決して、

「ミツロウづくり」に挑戦しました。


まずは、

FUKUBEEさんに教えてもらったり、

動画でリサーチしておいた

ミツロウづくりに使用するための用具を購入。



巣箱から片手鍋に、ミツロウをモリモリ入れ、火にかけます。

シリコン製のターナーが大活躍しました。

さすが、世界のDAISO。


できるだけ、

高温ではなく65度くらいの温度を保って、

少しずつスミツを溶かすのがよい と

(ネットで)リサーチしたので、じっくり火にかけます。

めっちゃ、黒いです。不安です。


溶けかけてないスミツと、黒い物体、いろんなものがカオスなミツロウ作り






完全に、スミツが溶けて液状になったので、

水切りネットをセットして

1回目の濾し作業をしました。

水切りネット




・・・思ったよりも

水切りネットの目が粗くて、

なんかだいたいの物体がスルー・・・。


続けて、温度を一定に保ちながら、

2回目の濾し作業。


水切りネット2枚重ねで濾し作業をしました。


ま、それでもほぼ、網目をスルーです。


いただいたスミツは、

あまりゴミだとか、

ハチノコだとか、

虫だとか、

エグイ物体がほぼない、

とても目に優しい状態でしたので、

特に嫌悪感なく作業できました。


また、ハチミツとはちがう、

独特のミツロウ臭?がするとも(ネットで)聞きかじっていましたが、全然そんなことない。


「ムワッとする仁賀ハニー」


そんな香りでした。


粗い網目の水切りネットでの

濾し作業を卒業して、

次に「味噌こし」を使います。

ふちにかけられるタイプの「味噌こし」なので、はかどりました!

不純物多めなので小さめ画像

2度ほど味噌こしでの濾し作業をしたけど、

あらかたの黒い物質と、

謎のトゥルトゥルが取れたので、

「味噌こし+α」にステップアップします。

それは……

水切りネット・不織布Ver.です。




味噌こしに、

不織布水切りネットをセットして、

2度の濾し作業。


いま、6回目の濾し作業です。



若干、最初よりも透明感がでてる気がします。気のせいかもしれませんが。


濾し作業をすると、

黒い物質と、

謎の茶色いトゥルトゥルがのこって、

濾されたミツロウは

鍋の中で透き通った茶色です。


ちなみに、温度が低くなると、

きれいな黄色いミツロウになります。




濾し作業にも飽きてきて、

そろそろ黒い物質も

見当たらなくなってきたので、

最後の濾し作業、

不織布2枚重ねVer,で、

2度ほど行いました。




手慣れてくると、

最後に絞るところまでスムーズ。


合計で8回、

濾し作業を重ねて、

最後にアルミ皿にいれました。


鍋てんこ盛りだったスミツが、

18センチアルミケーキ型に収まる…。


明日には、

冷え固まって黄色いミツロウになっていることと思います!(希望)




なんとも、

大変な作業でしたが、

とても楽しい経験でした。

FUKUBEEさん「ハチミツも、ミツロウも、はよ持ってこい!」とかいっててすみませんでした。


できあがったミツロウを使って、アロマワークショップなんかを開催したいなぁと、考えてたりします♪



FUKUBEEさん、どうもありがとうございました!
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたしますね♪


竹原市 仁賀ハニー 生はちみつ 販売
トータルサロンアンジュ

コメントは停止中です。

Page Top