熊野筆×Ange 洗顔ブラシ
広島県安芸郡熊野町の日本伝統工芸「熊野筆」のろうそく型洗顔ブラシです。熊野筆の細く繊細な毛先で、お肌を優しくマッサージすることでメイクや毛穴の汚れをしっかりと落とすことができます。
お肌に負担がかからず、お肌が本来持っている回復力を復活させることができるのです。また、洗顔料を泡立てる際も手で泡立てるのとは格段の差があります。
やさしい熊野筆の質感と、フワフワの泡でなめらかな美肌を目指しませんか?

店頭にて販売しております。

熊野筆は、江戸時代末期頃から広島県熊野町で製造が始まりました。書筆から化粧筆まで様々な種類が造られています。100年以上もの間、職人から職人へ受継がれた技法で現在では、日本国内での筆生産量の80%を占めるまでに成長しました。
筆づくりの匠たちが1本1本丹精込めて造り上げた化粧筆をご体感ください。

初めて使用する場合はぬるま湯かノンシリコンシャンプーなどで一度軽く洗います。
充分に湿らせた穂先で石けん水をとり、筆をしっかり立てて泡立てます。

     
  •  ● 手のひらであわだてる
  •  

  •  ● ガラスカップなどにとってあわだてる
  •  

  •  ● フェイシャルのブラシクレンジングに使用する

 筆を立てるように肌に垂直にあて、まわしながらすべらせます。
 小鼻の回り部分には穂先をさらに立てておこないます。
 お顔への使用は週2~3回までにとどめておいてください。

使用後は充分に流水ですすぎ、
風通しの良い場所に吊るすなどして保管してください。
筆は消耗品ですので、中~長期的な頃合いでの買い替えをおすすめします。

Page Top